札ちび野球クラブ

札ちび野球クラブは小学3年生までのこども達を対象とした野球チームで、2007年に発足しました。
札幌大学野球部監督高石克美(経営学部准教授)が指揮をとり、札幌大学野球部学生及び教員を目指す学生等のボランティア指導により、札幌大学野球場を拠点として活動しています。
野球を通じて心身共に鍛えることはもちろん、友情を培い、親睦交流を深め、こども達の健全教育に寄与することを目的としています。
また、親子で参加することで、家族の繋がりを大切にする目的も持たせています。
週1回の練習(※1)のほか、他のチームとの交流としてティーボール(※2)大会にも参加しています。

※1 原則として毎週水曜日18時から。場所の確保、季節により変更があります。
※2 投手が投げるボールのかわりに、バッティングティーと呼ばれるポールの上においたボールを打ちます。

幼児から小学3年生

挨拶を元気よくハキハキと。
友情を深め、家族の絆を深める。
野球も親睦も一生懸命。
親も子もそろって和気あいあいと。

入団にはmeez(札幌大学スポーツ文化総合型クラブ)への登録が必要となります。

高石克美

〒062-8520 札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学高石克美研究室 電話:011-852-9086
携帯:090-8276-5997